自分で事業をするという事は、ほとんどの場合手探りになります。
かといって脱サラでもしていきなり企業というのはかなりリスクがある事ではないでしょうか?

よくあるパターンが、技術や能力はあるのに今の仕事は全くそれとリンクしていない仕事をしている人です。
プログラムの技術あるいは画像加工する技術など、本来持っているスキルとは全く違う仕事に、これを生活の為にやっているという人は居る筈です。

本来であれば自分の得意分野で従事したいが、こうしたものには経験や会社の意向など様々な要件を満たさないと実現できない場合もあります。
そうした事に未練じゃありませんが、自分で企業をしたいと思う人だっていると思いますが、実際はハードルが高い訳です。

今の職場を放棄して、本当に自分の力で成功するのか?これはかなり今の生活が安定している人にとっては逡巡する筈です。
そこで副業を通す事で一度手探りではなく、感触を得る手段として用いるという事ですね。これによりリスクを減らして、副業から本業にするのかを判断すればいいのでは?と思います。

会社というのはある程度会社という看板を持っているので信用するのです。
松下幸之助が本で語っていますが、自分がある程度名の知れた人でその人が他人からお金を借りるという話ですが、自分の身分がそうした社会的に信用されている事を隠して借りられれば本当の人としての信用であると書かれていたと思います。

ネット上では他人に自分の存在が対面でない為に解りませんが、ある程度仕事として成り立つかどうかを副業によって目安が出来る筈です。
自分の知識を生かしてネットでセミナーをするという事もありだと思います。

副業をやってみる事で、本当はしてみたかった仕事を試しにやってみて、実際自分の力でどの程度できるのか?
実は需要なんてないなら副業自体を辞める事だってできます。

そして、現在の職を大事にする。
そういう選択肢は副業にはあるように思います。
特にネットの副業であれば初期投資を如何に安くするかも重要です。
同じ失敗でも、少ない失敗や損失ならむしろ失敗をしても、自分としては満足感があるように思います。

またどういう所で失敗したのかを分析する時間も出てきます。
副業から本業にするというのは、現在の終身雇用がなくなった今としてはありえる話ですね。
ネット副業ではありませんが、マクドナルドも不動産屋さんからハンバーガー屋で成功しました。副業から本業になるというのはよくあるのではないでしょうか