投資を行う際にまず考える事は値上がり幅による利潤を自ら得ることになると思います。
しかしながら、このような投資については100%の成果があるわけではありません。実際にその企業の業績が良くても時代背景によってはマイナスに陥ってしまうことがあります。そこで考えたいのは自らの日常生活にメリットのある投資も含めて考えてはどうかと言うことです。

例えば、1番わかりやすいところで行けば株主優待券になってくるのではないでしょうか。一時ほど話題にはなっていませんが、様々なメリットが株主優待券にはあります。
なんといっても企業側も自らの株主を加工するためには企業そのものの業績、さらには財務諸表だけではなく違った意味でメリットを株主に見せないといけないからです。

そこで、株価の値上がり値下がりだけではなく、配当だけではなく、さらに有する者として株主優待券想定しています。実際に企業からしても株主優待券で自社の商品やサービスを提供するのであれば配当をさらに増やすことを考えるよりも業績に影響与える事は非常に少なくなるからです。

このような企業側の思いや考え方を加味して考えていくと、単なる株価だけに注目して投資するのではなく場合によってはどのような株主優待券を発行しているのかを調べて自分自身の生活にメリットのある銘柄を購入していくこともそれなりに有益ではないかと思います。

インターネット等でお笑いになった株主優待だけで生活をしている方の極端な事例は別として、例えばゴルフが趣味の方であればゴルフはマネジメント会社の株主になって、年間のグラウンド側無料でゴルフがプレイできる、外食が好きな方であれば、それが好きな外食産業の運営会社の株価を購入して無料優待券で食事を楽しむなどといった様々なメリットがあると思います。

実際に、株主優待券をどのような種類があるかと言う情報については様々なところで特集されていますので一目瞭然です。

まずは自分自身のライフスタイル、投資スタイルを改めて考えることによって、どのようなところに投資すべきかを考えてみてはどうでしょうか。

場合によっては株主優待券だけを目的とした投資先が1つぐらいあっても失敗ではないと思います。もちろんそのような投資先については多少値下がりがあったとしても株主優待券でリカバーできると言うことですぐに売却するようなことがなく長期保有することが大きなポイントになってくるのではないでしょうか。