ネット副業と一口に言ってもジャンルはさまざまに分かれていて、代表的なものは以下の通りです。

・アフィリエイト
・ネットオークション
・動画配信
・写真販売
・ポイントサイト
・クラウドソーシング

他にもまだまだ合って紹介し切れないほどですが、代表的なものを分類してみると「創る」「売る」「貯める」という行動に大別できることがわかります。

「ものを創ること」が根本にあるネット副業は多い

たとえばアフィリエイトはホームページ・ブログ・メルマガなど媒体によって種類を細かく分けることができますが、基本的に「何かを創りあげる」という行動が基本になっていると言えます。具体的には記事(原稿)を書く・画像編集する・ホームページをデザインする、これらはまさに何かを作る行動と言えるでしょう。

他にも動画配信、写真販売などはクリエイター的な側面が大きく、何かを創った対価で報酬を得るという仕組みで大きく稼いでいる人はたくさんいるのです。稼ぐことが目的でなくても、趣味として動画を撮って編集したり、写真を撮ったりする人は少なくないはずです。
ネット上を見渡すと、たくさんの日記ブログに日々に写真が投稿されていることがわかります。

ネット副業なら趣味感覚で稼げることも多い

これは「何かを創って公開すること」が楽しい、と思っている人が多い証拠でしょう。本来は趣味で完結できることが、動画サイトの収益システムや写真販売ストアの登場で「稼げる趣味」に変わったのです。
自分の好きなことをして、それがお金になるというのは非常に素敵なことだと言えます。ただ、仮に写真を販売するとしてどれくらい売れるのか、毎月安定して稼げるのかというと少し疑問な点も残ります。

しかし、何も写真販売を本業にしているわけではなく、これはあくまでもネット副業なのです。あまり稼げない月・ものすごく稼げる月があったとしても、本業の収入自体は安定しているので普通に生活できるだけのお金は確保できるはずです。
あくまでもネット副業として行う際は、別に実店舗などを持つわけではないので、経費もかかりにくくマイナスになるリスクは非常に少ないと言えます。

まとめ

土日に趣味として、外出先で写真を撮る、写真を編集してブログに投稿する。
こうした趣味を持つ人はこれまでにたくさんいました。
現在ではブログアフィリエイトや写真販売ストアの仕組みも充実しているので、ネット副業にしてしまうことも可能です。楽しく本業以外にも稼いでみたい、という「ものを創ること」が好きな人にネット副業はメリットが非常に大きいと言えるでしょう。